Translate

2014年4月29日火曜日

GSXR750 バッテリー交換。


2014年4月27日
天気も良いので、久々にジスペケに乗ろうと思った。
思えば、去年10月、車検をとるために往復10㎞程度乗っただけだった。
その間に、こんな状態になっていた(^_^;)
すっかり上着置き場・・・・
まず、乗っている上着類を片付け、バッテリーチェック。
11.76V
11.76ボルト。。。。。
おそらく、ブースターケーブルを繋がないとかからないな。
バッテリーの交換を実施。
去年の10月、車検前に購入していた物を引っ張り出してきた。
バッテリーウェブコムで購入したNBC CB14L-A2  ¥4932-税別

外装

開梱

内容

本体
まず、脱気用の口に付いている赤いキャップを外す。
外す前

外した状態

毎度の事ながら、電解液を充填する前に電圧を測ってみる。
1.89V

電解液を入れる前でも、2ボルト弱あります。


さて、電解液の充填ですが、作業開始する前に、説明書を。。。。
説明書
を、読んだつもりになる。
皆さんは、しっかりと熟読して下さいね。事故、怪我をしても、自分持ちです。
過去に使用したバッテリーに付随していた電解液の容器は、円筒型ボトルだったのですが、このNBCの物は、輸送、保管の事を考えて四角の容器になっています。
電解液
 内容量は、7~8割程度。(撮影時に斜めにしているので、少なく見えます。)
内容量
 注入用のホースもついています。
注入用ホース
電解液の注入作業前に、保護用にクローブを装着。
保護グローブ

容器の注入用の突起の先端部をカット。
カット
 ホースを取り付けます。
ホース取り付け
バッテリーに、こぼれないようにホースをしっかり差し込み、電解液を注入します。
注入

LOWER LEVEL迄注入してしばらく様子を見る。
その後、UPPER LEVEL迄注入したら充填完了。
充填完了
充填後の電圧を計測して見る。
12,44V
 12.44ボルト有ります。
充填が終わった時点で、13時10分。
一時間程度放置します。
充填完了時間

付属の電解液の量は、若干の余裕が有ります。
少々失敗してこぼしても大丈夫。
こぼさないにこしたした事はないが。。。
電解液残量

電解液残量

バッテリー性能が安定するまでの間に、車体に取り付けてある古いバッテリーを取り外す。
固定用のブラケットを取り外す。

10ミリのソケットレンチを用意する。

ボルトを緩めてケーブルを外す

取り出した状態
前回の交換時の記録が書いて有ります。
交換i日時       2011年10月12日
交換時の走行距離  33712km
交換時の電圧      12.86V
バッテリー交換時のメモ
バッテリーを比較してみた。
左が、古いバッテリー  SUPER NATTO SB14L-A2
右は、新しいバッテリー NBC-CB14L-A2
比較
脱気用のホースを取り付けるのですが、このような状態なので、まっすぐにのばします。
古いバッテリー SUPER NATTO SB14L-A2 は、密閉型の為、脱気ホースが無かったので、NBC-CB14L-A2用に同梱のホースを取り付ける必要が有ります。
開梱時の状態のホース

今回は、湯沸かし器のお湯で暖めて成型です。
成型中
この程度まで成型すれば、OK
成型後
ホースをガイドに通します。
ガイドに挿入中
ホースの挿入が完了したら、しばらく状態を保持して、次の作業に移ります。
バッテリーのターミナルに同梱のナットを仮付けします。
ターミナル用ナット
 ターミナルにナットを入れて、下側にティッシュ等を入れて固定します。
仮固定
ナットを仮固定したら、脱気用ホースを取り付け、バッテリーケースに収めます。
バッテリーケースへの格納
 ケーブルをボルトで仮に固定が出来たら、ティッシュを撤去します。
ティッシュ撤去
 ターミナルボルトを完全に締めます。
ボルトを締める

バッテリーの固定用ブラケットを装着し、各部の状態を確認します。
ダラダラ作業したので、取り付け終わった頃には、電解液充填後のバッテリーの状態も安定したと思われる時間となり、電圧のチェックです。

12.56V
12.56ボルトで安定です。
本来ならば、追加充電を実施するのですが、今回は、省略してしまいました。
バッテリー交換後の試運転では、
約半年間のブランクで、エンジンが起動するか心配だったのですが、数回のセルで火が入ったので一安心。


今回のバッテリ交換終了時の走行距離 38611.8km
前回の交換時が33712kmだから、4900kmしか走っていない。
止まっている時間が長いから、バッテリーが弱るのも仕方がないか。。。
交換完了時の走行距離


この後、試運転も兼ねて、ショートツーリングに出向き、初夏の風を満喫して来ました。
気が向いたら、その時のレポートでも書きます。

おまけ、下の動画は、バッテリー交換後の暖機運転中の動画です。

有限会社パクトロスからの回答 (記録3)



この記事は、
ウェブシステム開発・iPhoneアプリ開発の会社が写真をパクリ」と
有限会社パクトロスからの回答が無いので再度連絡 (記録1)」と
有限会社パクトロスからの回答が無いので再度連絡 (記録2)」の続きです。
有限会社パクトロスが、Panoramioの作品を盗用しているのを確認して、ツイッター経由で再三に渡り管理者に連絡をした結果やっと返信が有りました。


このページに直接アクセスした人は、こちら
ウェブシステム開発・iPhoneアプリ開発の会社が写真をパクリ
有限会社パクトロスからの回答が無いので再度連絡 (記録1)
有限会社パクトロスからの回答が無いので再度連絡 (記録2)
をご一読下さい


経過としては、4月22日に写真盗用を確認。
有限会社パクトロスHP内の連絡先に疑いを感じた為、代表者らしき人物がツイッターでつぶやいているので、ツイッターで直接連絡。
※アイコンとアカウントは変更しています。
この警告は、無視されたようです。
色々検索して、疑惑を感じた有限会社パクトロスHPの連絡先に大して、有る程度だいじょうぶであろうと判断。
4月24日、今度は、有限会社パクトロスHP「問い合わせ」に直接書き込む。

続けて、ツイッターの投稿済み記事にも直接警告。
※アイコンとアカウントは変更しています。

翌日に回答が有りました。(有限会社パクトロス代表者取締役名で
今度は、無視出来なかったようです。パクロスが無視していたかどうかは理解できませんが、企業として一般的に、中一日の無回答をするという事は、「意図的に無視する」か、「体制が整っていない」事を思わざるを得ない。
回答を読んで、私が感じたところ、一般的な謝罪文で、自分の犯した事が理解出来ていないようにも受け止められる。
そのような企業なんだなと思いつつ、回答を読んで見の内容は、aoriika 的要約で記載します。
ネット上にMAILを公開する事は好ましくないと思うので・・・・(本当は公開したい)・・・・

回答MAILの要約と、aoriika的考
『画像を勝手に使って著作権を侵害した事、連絡をもらって、知りました、ごめんなさい。』
著作権と言う物を認知していたのだろうか?
ウェブシステム開発関係の企業を営んでいるので有れば、あまりにもお粗末。
ネット上の画像には、多かれ少なかれ著作権が存在する物がほとんど(例外も有るが)だと思うのだが、それを安易に企業のHP上に掲載している自分のブログ?盗用するのは、いかがな物か?
企業の体質と代表者の考えが疑われる。
・著作権が有ることを知らなかったの?
・画像が誰のものか調べなかったの?
・そもそも、著作権と言う物を知らなかったの?
これらを、知らなかった・調査しなかった、と言うので有れば、かなり疑わしいIT企業と思う。

『それと、MAILの返事も遅れてごめんなさい。』
連絡を受けて、即対応出来ないと言うのは、問い合わせした側の不満を募らすもの。
対応が出来なければ、それなりの意志を表明するものだ。

『画像は、サーバーから削除したのでよろしく。』
それだけで済む話では無いのでは?
短絡的に、削除で済ませるのはどうかと思う。
とりあえず、画像の表示を停止してから、著作者に確認とるべきだと思うが。
著作者の指示に従うのが当たり前だと思うのだが(今回、私は、削除要請をしていない)

『aoriika(私)がPDFで保存しているということで、拡散してしまった分については、どうにも出来ないので許して下さいね。』
???????です。
どうして、私のPDFファイルと拡散と関係があるの?
私は、過去の画像盗用のやりとりの経験から、盗用者は、連絡が有ると必ずといって良いほど、即画像の削除をして、証拠の隠滅を行う。
今回の場合も、証拠隠滅をされてもよいように保存しただけで、拡散どうのこうのの話は別だと思うのだが。
拡散の件に付いても、自らが述べて決定するのでは無く、被害者に伺うのが筋ではないだろうか?

『今後、誰の権利も侵害しないようにHPの管理運営しますから、よろしく。』
よく理解出来ない。
本件回答をもらって、私が、「ウェブシステム開発・iPhoneアプリ開発の会社が写真をパクリ」で文末の方で記載している
会社概要お問い合わせ個人情報保護方針利用規約どれをクリックしてもリンク先はNot FoundError: The requested address '/paktolos/rule.html' was not found on this server.が表示される。
は、訂正されていない。
おそらく、著作権侵害という言葉だけに反応して、Blogの内容は、ほとんど目を通していないのではないだろうか。

『とりあえずのごめんなさいと、対応しましたの報告です。』
『本当に、ごめんなさい。・・・・・・・・・』

との事です。

文章を、サラっと流し読みすると、
「対応してくれたんだ。」
「謝罪してくれたんだ。」
と、思うのだが、読み返して見ると、盗用に至る経緯も記載されておらず、相手の意向も考えず、自らの意見と実行した事と、今後の対策について述べている。
それと、私だけに対して謝罪を述べている節も有るのだが、実際は、短期間でもPanoramio userの写真を盗用したので有るから、私だけに謝られても迷惑。

回答MAILの後、暗に、有限会社パクトロスのHPに経緯と謝罪文の掲載する事を表明したのだが、4月26日付けで掲載されていた「お知らせ」 お詫び】著作権侵害コンテンツのお詫びと削除のご報告 は、この記事を書いている時点で、すでにHPの下の方になっている。あと一日でHPの一面上から消えそうだ。
本当は、長期間表示されている事が私にとっては嬉しい事なのだが。

有限会社パクトロスの代表取締役さんにお願いです。
今回、貴社は、著作権を侵害して、対応として違反コンテンツを即刻削除し二時的被害の拡散を防止出来たと思うのだが、逆に、有限会社パクトロスの著作権を保有する知的財産を盗用されたらどうだろうか?
今回有限会社パクトロスが、私に対して行った対応だけで済ますのだろうか?
他人の作品をその程度としてしか考えていないのなら、盗られても、今回貴社が行った対応で許してあげて下さい。
そんな事は出来ませんよね。
開発に関わる時間と費用がかかっているのだから、全力で法的処置に向かいますよね。
それが当たり前の事だと思います。
写真も、それぞれ撮影者が費やした時間と費用、それとがこもっています。
使いたいと思う写真が有ったならば、まず写真に関わるSituationを想像して見て下さい。
納得した上で、使用したい場合は、著作者に承諾を得た上で使用させてもらう事が常識というものではないでしょうか?
以後、社会的ルールを守っていただく事をお願いします。

それと、ついでですが、今回、ツイッターで貴社連絡取った事は、貴社のHPの内容の不明瞭から至る不信感と、無回答による不信感でやむなくツイッターで連絡したのですが、業務上(特に今回)のような場合、ツイッターで返信する事は、どうかと思います。
公私の、公ですか?私ですか?私には理解出来ない。。。。



今回の有限会社パクトロスによるPanoramioからの写真盗用の件で、同じくPanoramio user として活動しているjunk0128 さん からも Blogが発信されています。
junk0128 さん ありがとうございます)


是非、訪問してみて下さい。



関連記事 ウェブシステム開発・iPhoneアプリ開発の会社が写真をパクリ
関連記事 有限会社パクトロスからの回答が無いので再度連絡 (記録1)
関連記事 有限会社パクトロスからの回答が無いので再度連絡 (記録2)
関連記事 MyPanoramio Junk0128: ネット上の画像をパクるIT会社 パクトロス
関連記事 MyPanoramio Junk0128: 有限会社パクトロス やっと気づいて証拠隠滅?